02 はじめに [まち・みらい倶楽部2009年度号]

02 Members voice

わたしたちの住むまちが安全・安心であってほしいと願う気持ちはとても大切なことです。環境のことから、コミュニケーション分野から、より望ましい方向性へと向かって一歩ずつ進んでいくことこそ求められること。全国各地で問題となっているシャッター通りを老若男女で賑わうまちに取り戻す努力は、ひとりでは難しい。しかし文殊の知恵で一歩ずつ、「終の棲家」でありたいと願うまちへと変貌することはけっして夢ではありません。歩みましょう。

代表理事 塗田敏夫