[2011年度] 10月8日  平成23年度 第2回まちづくり講座

2011_1008_01

 

第2回のまちづくり講座は、大阪市立総合生涯学習センターとの共催で、各地で活躍中のまちづくり仲間によるネットワークサロン「まちづくり講座」を開催しました。講演とグループ・ワークショップを行う2時間の講座です。テーマは「探そう!わたしのまちのええところ」、自分が住んでいるまちを見つめなおし(我がまち再発見)、互いにまちの情報を紹介(我がまち紹介)することから「まちの情報をまちづくり活動につなげる」ことを一緒に考えました。
第一部は事例紹介として、講師の猪池理事がフィールドワークで訪れたまちを紹介。岡山県津山市の城東地区、岐阜県大垣市の自噴水、大阪市天王寺区の「どっぷり昭和町」というおまつり、富田林の寺内町。それらのまちが観光地化することで地元住民に及ぼす影響を中心にお話しして頂きました。
さて、講座の方ですが、講演のあとは、グループに分かれて、ワークショップ「わたしのまちのええとこ探し」を行いました。 本講座の趣旨は、「我がまち再発見からまちづくりへのつなげ方」を一緒に考え、「我がまち紹介による参加者の交流と情報交換」の場とすること。そこで、参加者が自分の住んでいるまちを見つめなおし、紹介できるワークシート『自分のまち自慢レポート~わがまち新聞~』を作ってグループワークショップの中で自己紹介する企画としました。ワークシートは、アンケート方式で各自記入できる用紙を準備、配布しました。 グループワークでは、各自が作成したワークシートを使って我がまち紹介(自己紹介)をしながら、フリーディスカッション。その中から、グループ発表の話題も決定していきました。
講座の最後は、グループ発表。グループワークショップで大いに盛り上がった話題を紹介、参加者全員で“まち情報”を共有しました。

 

2011_1108_022011_1108_032011_1008_04