14 スケッチ画『酒蔵と十石舟』 [まち・みらい倶楽部2013年秋号]

14 酒蔵と十石舟_2013秋号

監査役 前田康弘

柳の木と酒蔵がある小川を十石舟が行き来する伏見の川辺の風景である。この十石舟を運行していた伏見のまちづくり会社は昨年解散した。しかし、多くの活動は、まちづくり会社を通じてつながりを生んだ地元の有志などに引き継がれ、現代も活動中である。このスケッチに描かれている十石舟の運行も伏見観光協会に引き継がれているようである。新しい活動では、酒どころの伏見区を抱える京都市が日本酒での乾杯を勧める条例を施行して、地元に貢献しているようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です