[2013年度] 11月23日 総合フェスタ2013

2013_1123_04~活動報告発表会~まち・まちづくりのホッとステーション2013~

大阪市立総合生涯学習センター主催のイベント「総合フェスタ2013」、今回で6回目の参加となりましたが、多くの皆さまにご来場いただきました。活動紹介のパネル展示も熱心にご覧いただいたほか、恒例のパネルアンケート「節電ライフ診断2013」もとても盛況でした。大人はもちろん、子供たち、家族中での参加と、大いに盛り上がり、回答者数は106名。出会い、交流、学び、とても有意義な活動を展開することができて感謝しております。また、新企画の体験型講座「身近な素材でお正月箸袋つくりを体験」は女子部会の企画。今回の企画は、いつもの展示だけではなくもっと気軽に楽しんで「エコ」に触れていただく為に「体験コーナー」を作っては?・・と女子部会がいろいろな候補の中から、身近な紙を使った和の人形飾りを選びました。 私達の祖母の時代やもっと以前から「包み紙」や「使用済みの紙」などを使っていろいろな身近で使うものを作る、今で言う「リサイクル」が普通だったのですね。まさに「おばあちゃんの知恵」です。 講師の冨増さんは、おばあちゃんの知恵の宝庫で、様々な手作りを趣味とは言えない出来栄えのものを作られていて実はコープ等の講座の講師として招かれるほどの方です。 エコ素材の人形を今回はお正月前なので、少し華やかな紙を使って着物姿の男女の人形を作り、箸袋に貼ったものを5客を1セットでと決定しました。 一から作るのは、たくさんの方に体験してもらうには難しいので、当日は30分程度で出来るように講師にて準備、当日は講師とサブ講師として金子さんが休憩も取れないほど盛況でした。 弟が結婚するので、お正月に自宅でお祝いの時に使いたいと、愛情を一杯注がれて作られるかた、男性の方、小学生の御嬢さんや外国の方も真剣な表情で作られていました。 完成すると、どの方も素敵な笑顔! 体験できない方向けに、完成品も販売してみました。 箸袋5客にぽち袋付です。 皆さんとても嬉しそうで販売スタッフも充実した時間をいただくことが出来ました。 完成品も購入して体験もしてというツワモノもおられましたよ。 フェスタの来場者の方々に楽しみながらエコを体感していただけたのではと、感じております。来年はどんな企画で楽しんでいただこうかと今からわくわくしております。 来年またお会いしましょう。

 

2013_1123_032013_1123_022013_1123_01