15 スケッチ画『跳ね橋』 [まち・みらい倶楽部2014年新春号]

15 跳ね橋_2014新春号

監査役 前田康弘

神戸に珍しい橋があると聞いて早速、スケッチブックを片手に訪れた。その橋は、神戸港のとある運河に架かっており、勝鬨橋を超小型にしたような跳ね橋である。デザインもなかなかグッドだ。橋ができたころは、この運河も長かっただろうが、今は途中で止まっている。船もあまり通らないだろうから、橋が上がる機会(下がる機会かな)も、あまりないかもしれない。近くには、素敵な旧神戸港信号所があり、レンガ倉庫もレストラン街に再生されていたが人影は疎らだった。11月の初めとはいえ暑い日なのに、なぜかジングルベルの音楽が遠くから聞こえてきた。