[2013年度] 2月22日 第8回まちづくり講座

2014_0222_06

~歴史的景観の残る旧環濠集落喜連のまちづくり~

あべのハルカス近鉄本店「街ステーション(タワー7階)」にて、第8回まちづくり講座を開催しました。講師は、関西まちづくり協議会会員でもある、喜連環濠地区まちづくり研究会事務局長の辻江賢治氏。同研究会は、今期の関西まちづくりの第1回講座をさせて頂いた、大阪市まちづくり支援制度を活用されております。
喜連(キレ)の歴史は古く、今の大阪市内の大半が河内湾となっていた頃の渡来船の着岸地で、生駒を超え飛鳥へ道が繋がっていました。旧環濠は中世期に出来上がった。今も面影を見いだせます。大阪市内でも数少ない100年を超える寺・蔵・屋敷が残る町並みを後世に残す取り組みを、スライドで説明頂きました。
又、この地区の季節ごとの生活ぶりを、同研究会メンバーの手作り紙芝居で紹介頂き、地域の様子が分かり易く又親しみが持てた講座となったと思います。次回には、喜連環濠地区のまち歩きを企画したいものです。
今回の街ステーションはオープンスペースで、通りかかり買い物客の方で、地元の方が飛び込み参加頂いたのも好かったです。

 

2014_0222_052014_0222_032014_0222_04