[2014年度] 11月2日 平成26年度 第3回楽しいまちづくり

1102-1~泉葛城山ブナ林の観察並びに間伐体験~

【初心者向き環境講座】
主催:関西まちづくり協議会 協力:和泉葛城山ブナ愛樹クラブ
●日時:平成26年11月2日(日)10時-16時
●場所:大阪府岸和田・貝塚~和歌山県境に位置する和泉葛城山
ブナ林の観察や間伐体験を通じ、なぜブナの森を守ることが大事なのか、山林の現状から~生物多様性と地球温暖化の環境メッセージを考える。
●講師:藪卓夫氏(和泉葛城山ブナ愛樹クラブ代表)
内容:自然のまま残っている貴重な天然記念物のブナ林を次世代へ残すための活動、山林に生息する様々な植物や、実生から経年のブナの木や育たずに枯れてしまったもの、キノコがついている枯れた枝、枯れて倒れたままになっている老木、山林の状態を観測し自然の力を2時間かけて体験・体感しました。
●講師:弘田純氏(森林インストラクター、地球温暖化防止活動推進員)
内容:間伐の必要性のお話しをいただき間伐体験。 ヘルメットなど備品を装着し、間伐手順の説明を受けながら、実際にのこぎりで木を切り、木が倒れる瞬間を体験、その後小枝を切り落とすなどの処理に加わり、間伐を体験、学びました。

DSCF15061102-31102-2DSCF15391102-51102-6