[2014年度] 11月23日 総合フェスタ2014 活動報告発表会

2014_1123_06

~まち・まちづくりのホッとステーション2014~

大阪市立総合生涯学習センター主催のイベント「総合フェスタ2014」、今回で7回目の参加となりましたが、多くの皆さまにご来場いただきました。活動紹介のパネル展示も熱心にご覧いただいたほか、恒例のパネルアンケート「節電ライフ診断2014」もとても盛況でした。大人はもちろん、子供たち、家族中での参加と、大いに盛り上がり、回答者数は昨年度を大幅に上回る114名(昨年度106名)。出会い、交流、学び、とても有意義な活動を展開することができて感謝しております。
さて、「総合フェスタ2014」の展示・企画概要を当協議会が展開する3つの事業に沿って報告します。
 1.まちづくりに関する調査・研究事業
会員が日頃取り組む調査・研究活動を報告発表する企画として、地球温暖化防止活動推進員や環境カウンセラーを務める弘田氏から環境保全をテーマとする活動報告と蔓を使った籠づくりの実演とワークショップ、木下氏の大阪沖埋立て処分場見学の報告がありました。弘田氏の籠づくり、職人技でしたね。
2014_1123_012014_1123_032014_1123_02
2014_1123_092014_1123_072014_1123_08
 2.まちづくり推進事業
①参加型企画のパネルアンケート「エコライフ診断」
地域の活性化や環境保全など、快適な地域づくりを目的に実施されるまちづくり事業の推進を目指しているところですが、その一環として、身近な問題をテーマに来場者と一緒に考える企画を過年度より取り組んでまいりました。今年度も、パネルアンケート方式による「エコライフ診断」を企画しました。
結果は、「エアコンの設定温度」が多数を占め、その他の取り組みがほぼ同じで40~60%程度となりました。各家庭の家電製品が省エネタイプとなってきたことの現れでしょうか。
一般的な事ばかりですが、こうした取り組みを、多くの人たちが共有してゆけば、その効果は大きなものとなります。この冬もひきつづき、無理のない「節電・省エネ」を実現してみましょう。
②大阪市環境教育、学習振興等に係る事業の講座
大阪市環境学習事業として取り組んだ企画の紹介をパネル展示しました。
2014_1123_052014_1123_04
 3.まちづくり活動促進支援事業
①中間支援事業
まちづくり仲間のマッチング、交流会やワークショップの企画・開催支援、ファシリテーターの派遣事業等を進めています。事業の一環として、大阪市立総合生涯学習センターとの協働で取り組みました、いちょうカレッジ入門科講座「まちづくり地域活動デビュー講座」の企画をパネル展示で紹介しました。
②学習事業
参加者が交流できる企画として、恒例となりました女子部会の手作りコーナー、今年はペットボトルのキャップを使ったマグネット細工。多くの方にご参加いただきました。
2014_1123_10
フェスタの来場者の方々に楽しみながらエコを体感していただけたのではと、感じております。来年はどんな企画で楽しんでいただこうかと今からわくわくしております。来年またお会いしましょう。