23 スケッチ画『兵庫の大仏』 [まち・みらい倶楽部2016年早春号]

23 兵庫の大仏_2016早春号

監査役 前田康弘

兵庫の大仏???、神戸市の静かな住宅地の一角にその寺はありました。戦前は奈良の大仏、鎌倉の大仏と並び、日本三大仏の一つに数えられた能福寺の大仏様は、明治24年に豪商の寄進により建立され、第二次大戦時の金属類回収令で国に供出されて、その役割を終えられたのです。現在の大仏様は、平成3年再建の二代目ですが、像の大きさは鎌倉の大仏に匹敵しても、存在感とさらに大きな大仏が多い現代では、もはや三大仏と言われないかと思いながら筆をとりました。